会社設立・会計業務・各種許認可に関するご相談事例をご紹介いたします。

海陽町

海陽町の方から相続放棄に関するご相談

2022年06月01日

Q:相続放棄はどのタイミングでできるものなのか、司法書士の先生にお伺いしたいです。(海陽町)

司法書士の先生、はじめまして。相続放棄について質問させてください。
私の両親は海陽町で暮らしているのですが、2年前に母は亡くなってしまいました。将来的に父が亡くなった際には、私と弟の2人が相続人になるかと思います。
まだまだ先のことではありますが、相続が発生した際に気になるのが父の借金です。生前に母から父に借金があることを聞いてはいたものの、その額が今現在どの程度になっているのか定かではありません。督促状が届くこともあったので何度か父に確認してみましたが、「お前たちには関係ない」といってまったく教えてくれない状況です。

何年か前に親の相続を経験した友人に相談してみたところ、彼女の親もかなりの借金をしていたそうで相続放棄をしたとのことでした。私自身もこのまま父の借金が減らないようであれば、相続放棄をするしかないと考えています。
できれば今すぐにでも相続放棄の手続きをして安心したいのですが、相続放棄ができるのはどのタイミングでしょうか?司法書士の先生、ぜひとも教えてください。(海陽町)

A:相続放棄の手続きができるのは、相続が開始されてからです。

今すぐにでも相続放棄の手続きがしたいというご相談者様のお気持ちはよくわかりますが、相続が開始されてからでないと相続放棄の手続きを行うことはできません。
将来的にお父様の相続が発生し、相続人となるご相談者様が相続放棄を選択される際は、相続が開始したことを知った日から3か月以内に家庭裁判所でその旨の申述を行う必要があります。

相続放棄を申述する家庭裁判所はどこでも良いというわけではなく、被相続人の最後の住所地を管轄区域とする家庭裁判所と定められています。上記の期限までに相続放棄の手続きを行わなかった場合には、被相続人のプラス財産もマイナス財産もすべて承継する「単純承認」したものとみなされるため注意が必要です。

現金や預貯金、不動産等のプラス財産が借金や住宅ローン等のマイナス財産より多ければ良いですが、逆のケースの場合には金銭的な負担が大きく圧し掛かることは明らかです。ご相談者様のように借金があることで相続放棄を検討される際は、期限に遅れることなく速やかに手続きを行うよう心がけましょう。

相続放棄の手続きを行うと相続財産に関する一切の権利義務が消失するため、後になって財産が欲しいと思っても受け取ることも相続放棄を撤回することもできません。相続放棄をしたことで後悔しないためにも、手続きを行う前にきちんとお父様の財産調査を行うことをおすすめいたします。

相続が発生した際の財産調査や相続放棄の手続きをご自分で行うことに不安のある海陽町の皆様は、相続・遺言書作成を得意とする徳島相続遺言相談センターの初回無料相談をぜひご活用ください。
徳島相続遺言相談センターでは初回無料相談の段階から豊富な知識と経験を持つ司法書士が担当し、海陽町の皆様の相続放棄に関するお悩みやお困り事を懇切丁寧にサポートいたします。
海陽町ならびに海陽町近郊で相続放棄や相続・遺言書作成の相談ができる事務所をお探しの皆様、どうぞお気軽に徳島相続遺言相談センターまでお問い合わせください。

海陽町の方より遺言書についてご相談

2022年03月01日

Q:遺言書に書かれていない財産があるのですが、どのように扱えば良いのでしょうか。司法書士の先生にお伺いしたいです。(海陽町)

司法書士の先生、はじめまして。私は海陽町で両親と暮らしている60代の主婦です。
先月の話になりますが海陽町の実家で一緒に暮らしていた父が亡くなり、相続人となる母と私と弟の三人で遺品整理をしたところ、父の残した遺言書を発見しました。

私たちはその内容に従って遺産分割を行い、相続手続きを進めていたのですが、祖父から受け継いだ海陽町にある土地が遺言書に書かれていないことに気づきました。活用のしようがない形状でずっと放置されていた土地なので、父自身もすっかり忘れていたのだと思います。遺言書に書き忘れた財産はどのように扱えば良いですか?(海陽町)

A:遺言書に書かれていない財産は、遺産分割協議において分割方法を決定する必要があります。

遺言書に書かれていない財産は遺言書のない相続の場合と同様に相続人全員で遺産分割協議を行い、どのように分割するのかを話し合う必要があります。

しかしながら遺言書への記載もれを防ぐために、「記載のない財産について」などというように遺言者が記載しているケースも少なくありません。まずはお父様の遺言書に似たような文言がないかどうか、あらためて確認してみましょう。似たような文言があればその内容に従って相続手続きを進めれば良いので、遺産分割協議を行う時間と手間を省くことができます。

遺言書に上記のような文言がなく、遺産分割協議を行うことになった場合は、合意に至った内容をとりまとめて「遺産分割協議書」を作成します。最後に合意したことを証明する署名と押印を相続人全員で行えば、遺産分割協議書の完成です。
今回、遺言書に書かれていなかった財産は海陽町の土地とのことですので、名義変更を行う際に遺産分割協議書の提出が求められます。手続きを行うまでに紛失することがないよう、しっかりと保管しておきましょう。

遺産分割協議書は作成するうえでの書式や形式、筆記用具、用紙等に規定はありません。それゆえご自分でも作成することはできますが、不動産の名義変更等に必要な記載のもれやミスがあると手続きを進められなくなる恐れがあります。少しでも遺産分割協議書を作成することに不安のある方は、相続・遺言書作成に精通した徳島相続遺言相談センターまで、まずはお気軽にご相談ください。

徳島相続遺言相談センターでは知識・経験ともに豊富な司法書士が、海陽町の皆様の相続や遺言書作成に関するお悩みの解決に向けて全力でサポートいたします。
まずは徳島相続遺言相談センターの初回無料相談をご活用いただき、現在抱えているお悩みやお困り事について詳しくお聞かせください。

海陽町の皆様からのお問い合わせを司法書士ならびにスタッフ一同、心よりお待ちしております。

海陽町の方より相続のご相談

2021年12月01日

Q:司法書士の先生にお伺いしたいのですが、相続手続きは自分で進めても問題ありませんか。(海陽町)

海陽町の実家に住む父が先日、病気で亡くなりました。母とは7年前に他界しているため、私と兄の2人が相続人となります。兄とはすごく仲が良く、先日海陽町での葬儀で会った時、相続の話し合いも殆ど済んでおります。その際に、財産が海陽町にあるアパートくらいしかないということもあり、相続手続きを自分達で完了させようという話になりました。ですが相続手続きは自力で進めていいのでしょうか。(海陽町)

A:相続手続きをご自身で進めることは可能です。

基本的に、相続手続きをご相談者様自身で進めることはできます。
しかし、相続手続きは既に期日が決められているものもありますので、ご自身でよく確認して進めていきましょう。

さらに、相続人に関しては、お父様の相続人が誰になるのかを調査しなければなりません。相続人はご相談者様とお兄様のお2人とおっしゃっておりましたが、本当にお2人のみが法定相続人(法的に相続が認められる人)であるか、第三者に証明する必要があります。

仮に、ご相談者様以外の法定相続人にあたる存在を知らないまま、遺産分割協議を行ったとしても無効とされてしまいます。そのようなトラブルを避けるために、被相続人であるお父様の戸籍を揃え、相続人の確定をしましょう。

相続手続きでは、相続人の現在の戸籍或いは被相続人であるお父様が生まれてからお亡くなりになるまでの全ての戸籍が必要となります。

戸籍謄本は、海陽町にあるご実家の名義変更や財産調査の際にも必要となりますので、必ず戸籍収集をおこなってください。また、生まれてから亡くなるまでの間、ほとんどの方は複数回にわたり転籍をしています。全ての戸籍謄本を集めるには、今まで在籍していた各自治体へお問い合わせする必要があります。日中お忙しい方やお仕事をされている方などは時間の都合上厳しいかもしれません。方法として郵送などで戸籍を取り寄せることも可能ではあります。しかし、このような相続人調査は、請求できる権限を証明するために別途書類を用意する必要があったり、届くまでにも日数がかかったりと手間がかかりますので、相続開始時から早急に行うことをおすすめします。

もしご相談者様自身で相続手続きを進めていく中で、お困り事や不安なことがありましたら、専門家に依頼することを推奨いたします。

徳島相続遺言相談センターでは、海陽町を中心に相続の手続きはもちろん遺産相続全般や遺言書について、専門家による知識を用いてどのようなご相談でも対応できるようにしております。また、海陽町の皆様の相続についてのお悩みをサポートしております。無料相談を行っておりますので、海陽町近郊にお住まいの皆様、お気軽にご利用ください。ご連絡をスタッフ一同お待ちしております。

初回のご相談は、こちらからご予約ください

tel:0120110991

平日:9時00分~18時00分 土曜日:9時00分~17時00分

  • お問合せ

徳島相続遺言相談センターでは、初回相談を受け付けております。また、出張面談も受け付けておりますので、まずはお電話にてお問い合わせください。

「生前対策まるわかりBOOK」に徳島の専門家として紹介されました

生前対策まるわかりブック

当センターを運営しております司法書士法人小笠原合同事務所が「生前対策まるわかりBOOK」に徳島の専門家として紹介されました。

相談事例Q&A

ご相談事例を
Q&A形式でご紹介
いたします