会社設立・会計業務・各種許認可に関するご相談事例をご紹介いたします。

遺言書の作成

徳島の方より遺言書についてのご相談

2022年07月01日

Q:遺言執行者に指名され、困惑しています。具体的にどのようなことをすればいいのか、司法書士の先生教えてください。(徳島)

先日徳島に住む父が亡くなり、相続の手続きを進めています。実家の遺品整理をしていたところ、自筆とみられる遺言書が見つかりました。調べたところ自筆の遺言書は勝手に開けてはいけないとのことでしたので、家庭裁判所にて開封してもらい、中を確認すると徳島の実家の相続について、遺産についての記載の他、私を遺言執行者に任命するという記載がありました。そもそも遺言執行者とは何をする人なのでしょうか。法律の知識があるわけではなく、私が長男であるという理由だけで任命したのかと思うのでどうすればいいのかわからず困っています。遺言執行者について教えていただけませんでしょうか。(徳島)

 

A:遺言執行者についてご説明いたします。

遺言執行者とは遺言書を残した人(遺言者)が遺言書にて指定する人のことを指します。役割としては遺言書の内容を実現させるため、相続人に代わって相続財産の各種名義変更などの手続きを行います。

なお、遺言執行者に任命されたからといって必ず行わなければならないわけではなく、就任する前であれば、他の相続人に辞退する意思を伝えることで断ることができ、任命された方の意思で決定することが出来ます。しかし、就任後に途中からやめる場合には本人の意志だけではやめることが出来ませんので注意が必要です。就任後にやめる場合には家庭裁判所に申し立てを行い、家庭裁判所が遺言執行者の辞任を許可するかどうか判断します。

また、遺言執行者が指定されていない相続や遺言執行者がいなくなった場合には家庭裁判所へ申し立てることで遺言執行者を選任することができます。遺言執行者の申し立てが出来るのは相続人や遺言者の債権者などの利害関係人であり、遺言者の最後の住所地の家庭裁判所に申し立てを行います。

徳島相続遺言相談センターでは遺言書に関するご相談を多くお受けしています。遺言書に詳しい司法書士が徳島にお住まいの皆さまの親身になってお伺いしますので、お気軽にご相談ください。なお、初回のご相談は無料でお伺いしております。徳島にお住いの皆様、ならびに徳島周辺で遺言書に詳しい事務所をお探しの皆様からのお問合せをスタッフ一同心よりお待ち申し上げております。

海陽町の方より遺言書についてご相談

2022年03月01日

Q:遺言書に書かれていない財産があるのですが、どのように扱えば良いのでしょうか。司法書士の先生にお伺いしたいです。(海陽町)

司法書士の先生、はじめまして。私は海陽町で両親と暮らしている60代の主婦です。
先月の話になりますが海陽町の実家で一緒に暮らしていた父が亡くなり、相続人となる母と私と弟の三人で遺品整理をしたところ、父の残した遺言書を発見しました。

私たちはその内容に従って遺産分割を行い、相続手続きを進めていたのですが、祖父から受け継いだ海陽町にある土地が遺言書に書かれていないことに気づきました。活用のしようがない形状でずっと放置されていた土地なので、父自身もすっかり忘れていたのだと思います。遺言書に書き忘れた財産はどのように扱えば良いですか?(海陽町)

A:遺言書に書かれていない財産は、遺産分割協議において分割方法を決定する必要があります。

遺言書に書かれていない財産は遺言書のない相続の場合と同様に相続人全員で遺産分割協議を行い、どのように分割するのかを話し合う必要があります。

しかしながら遺言書への記載もれを防ぐために、「記載のない財産について」などというように遺言者が記載しているケースも少なくありません。まずはお父様の遺言書に似たような文言がないかどうか、あらためて確認してみましょう。似たような文言があればその内容に従って相続手続きを進めれば良いので、遺産分割協議を行う時間と手間を省くことができます。

遺言書に上記のような文言がなく、遺産分割協議を行うことになった場合は、合意に至った内容をとりまとめて「遺産分割協議書」を作成します。最後に合意したことを証明する署名と押印を相続人全員で行えば、遺産分割協議書の完成です。
今回、遺言書に書かれていなかった財産は海陽町の土地とのことですので、名義変更を行う際に遺産分割協議書の提出が求められます。手続きを行うまでに紛失することがないよう、しっかりと保管しておきましょう。

遺産分割協議書は作成するうえでの書式や形式、筆記用具、用紙等に規定はありません。それゆえご自分でも作成することはできますが、不動産の名義変更等に必要な記載のもれやミスがあると手続きを進められなくなる恐れがあります。少しでも遺産分割協議書を作成することに不安のある方は、相続・遺言書作成に精通した徳島相続遺言相談センターまで、まずはお気軽にご相談ください。

徳島相続遺言相談センターでは知識・経験ともに豊富な司法書士が、海陽町の皆様の相続や遺言書作成に関するお悩みの解決に向けて全力でサポートいたします。
まずは徳島相続遺言相談センターの初回無料相談をご活用いただき、現在抱えているお悩みやお困り事について詳しくお聞かせください。

海陽町の皆様からのお問い合わせを司法書士ならびにスタッフ一同、心よりお待ちしております。

徳島の方より遺言書についてのご相談

2021年08月04日

Q:実家で亡き父の遺言書を見つけましたが、開封してもいいのでしょうか。司法書士の先生、教えて下さい。(徳島)

私は徳島市内に住む40代の会社員です。
先月同じ徳島市内に住む父が闘病の末、亡くなり、徳島市内の葬儀社で葬儀が終えました。
実家の遺品整理を始めたところ、遺言書が見つかりました。
生前、遺言書を作ったという話は聞いたことがなかったため、少々驚いております。
封筒には父の自筆で「遺言書」と書かれており、封がされておりますので、中身は分かりません。
中身を確認したいと思っておりますが、友人に相談したところ勝手に開けてはいけないのではないか、と言われたので、こちらでお伺いした次第です。
今回のような遺言書は私達が開封してもいいのでしょうか。(徳島)

A:自筆証書遺言の開封には家庭裁判所での検認手続きが必要です。

遺言書には自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言の3つの方式があり、今回ご相談者様が見つけた遺言書は自筆証書遺言にあたります。
その名の通り、自筆で書かれた遺言書で、最も一般的で手軽な遺言書です。

自筆証書遺言を見つけた場合には、勝手に開封することは出来ません。
遺言書を勝手に開封すると、民法にて5万円以下の過料に処すると定められており、開封する際には家庭裁判所にて検認の手続きが必要となります。

自筆証書遺言が見つかった場合の手続きについてご説明いたします。

1.遺言者の最後の住所地の家庭裁判所へ遺言書の検認の申し立てを行います
2.裁判所から通知された検認日に遺言書を持参し、相続人立会いの下、裁判官が開封をし、遺言書の検認を行います
3.検認済証明書の申請をします(遺言執行の際、必要となります)
※2020年7月より自筆証書遺言書の保管を法務局で行うことが可能となりました。法務局にて保管しておいた自筆証書遺言書に関しては、家庭裁判所での検認手続きは不要です。

なお、遺言書の検認とは、相続人に対して、遺言の存在やその内容を知らせること、遺言書の形状や日付、署名など遺言書の内容を明らかにし、偽造や変造を防止するための手続きです。
遺言の有効・無効を判断するものではありません。

このように、自筆証書遺言を発見した際には家庭裁判所での検認手続きが必要となります。
勝手に開封はせず、家庭裁判所へ申立てをしましょう。

徳島相続遺言相談センターでは、徳島の皆様からのご相談をお受けしております。
今回のような遺言書に関するご質問、ご相談や、必要な書類の収集まで幅広くサポートさせて頂いております。
徳島近郊にお住いの方で相続手続き、遺言書についてのお悩み事やご心配なことがございましたら、当センターの無料相談までぜひお気軽にご相談ください。
徳島の皆さまからのお問い合わせを、心よりお待ち申し上げております

初回のご相談は、こちらからご予約ください

tel:0120110991

平日:9時00分~18時00分 土曜日:9時00分~17時00分

  • お問合せ

徳島相続遺言相談センターでは、初回相談を受け付けております。また、出張面談も受け付けておりますので、まずはお電話にてお問い合わせください。

「生前対策まるわかりBOOK」に徳島の専門家として紹介されました

生前対策まるわかりブック

当センターを運営しております司法書士法人小笠原合同事務所が「生前対策まるわかりBOOK」に徳島の専門家として紹介されました。

相談事例Q&A

ご相談事例を
Q&A形式でご紹介
いたします