寄与分とは

寄与分とは、被相続人の生前、財産の維持や増加に貢献した相続人がいる場合に、他の相続人と公平性を図る為の制度です。

被相続人の財産の維持や増加に貢献(寄与)した相続人がいたらそれを主張することができます。相続は法定相続分が基本となるため、寄与分が認められるケースは一定の場合にのみとなります。一定の場合とはどのうようなケースに当たるのか、下記をご確認ください。

寄与分が認められるケース

  • 被相続人の療養看護をし、財産の維持や増加を行った。
  • 被相続人が経営する事業に貢献し、被相続人の財産の維持や増加を行った。
  • 被相続人に生活費・医療費を渡し、財産の維持や増加を行った。

被相続人の生前にこのようなケースを行っていた相続人がいる場合には、遺産分割協議で寄与分を主張することができます。寄与分の請求をする場合には、一定の条件に該当するケースなのかをきちんと確認してから主張しましょう。また、遺産分割協議で寄与分を主張する際、十分な配慮が必要です。寄与分を主張することによって遺産分割協議で争いになってしまう可能性が高いため、寄与分の主張が通らなかった場合、調停を視野に入れる必要もあります。安易に寄与分を主張してしまわず、寄与分に該当しているのかどうかの確認を慎重に行わなければなりません。

寄与分かどうかの判断がご自身でできない、遺産分割協議で争うことのないよう寄与分を主張していきたいという方は、まずは徳島相続遺言相談センターへお気軽にご相談ください。きっとお客様のお力になれるはずです。初回は無料でお客様のご相談をお伺いいたします。

その他相続人の権利とは

相続の基礎知識 関連項目

初回のご相談は、こちらからご予約ください

tel:0120110991

平日:9時00分~18時00分 土曜日:9時00分~17時00分

  • お問合せ

徳島相続遺言相談センターでは、随時初回無料相談を受け付けております。また、出張面談も受け付けておりますので、まずはお電話にてお問い合わせください。

相談事例Q&A

ご相談事例を
Q&A形式でご紹介
いたします