戸籍法とは

戸籍法は、戸籍について定めた法律の事であり、昭和22年に制定された戸籍の作成や手続きなどについて定められました。

戸籍法は過去に改正されており、その内容の一つに届け出をする際、本人確認が必須となりました。これは、戸籍は個人の身分関係を明らかにする身分証明ですが、過去に不正に他人の戸籍証明書が取得された事例が発生したため、改正されました。

戸籍に記載されている内容とは?

戸籍には下記の情報が記載されています。

  • 本籍地
  • 氏名(戸籍筆頭者)
  • 生年月日
  • 父、母、続柄、名、配偶者区分(未婚の場合は空欄)
  • 身分事項(出生届出の日付や結婚届出の日付など)

相続の基礎知識 関連項目

初回のご相談は、こちらからご予約ください

tel:0120110991

平日:9時00分~18時00分 土曜日:9時00分~17時00分

  • お問合せ

徳島相続遺言相談センターでは、随時初回無料相談を受け付けております。また、出張面談も受け付けておりますので、まずはお電話にてお問い合わせください。

相談事例Q&A

ご相談事例を
Q&A形式でご紹介
いたします