相続財産の調査とは

相続財産の調査とは、被相続人名義の財産が、どこに、どのくらいあるのかを全て調査する事です。

相続財産は、不動産、現金や預貯金、有価証券等が一般的に相続財産に含まれます。この他、車や貴金属についても相続財産とみなされる場合があります。これらの相続財産はプラスの財産となります。

このプラスの財産とは反対に、借金やローン等も相続財産となり、これら負債についてはマイナスの財産となります。マイナスの財産も相続財産ですから、相続をする対象となります。ですから、その内容はきちんと調べておく必要があります。

現在、ご両親と一緒に暮らす方より実家を離れて生活をしているご家族の方が増えていますので、両親がどのくらい財産を所有しているか把握をしている方は少ないでしょう。

こちらでは、両親の財産の内容が全く分からない場合に、どのようにその調査を進めるのかをご紹介していきます。

 

相続財産となるもの

相続財産とみなされるものには何があるのかを確認しましょう。

 

みなし相続財産について

財産の中には、みなし相続財産とされるものがあります。みなし財産についての詳しい説明はこちらよりご確認頂けます。

 

遺言書に記載されていない財産があった場合

遺言書があるが、記載されていない財産が見つかる場合があります。その場合には下記のとおり手続きを進めます。

  • 記載されていない財産の調査は自分で行う。ご自身での調査が難しいものについては、司法書士等の専門家へと依頼する
  • 遺言書の中で、記載されていない財産についての相続方法について書かれている場合はその内容に従って遺産分割をする。特に記載がない場合は、相続人全員での遺産分割協議を行う。

 

財産についての情報が全くなく見当もつかない

相続財産に関する情報が全く無い、どこに何の調査をするのかもわからないような場合は、相続の専門家である行政書士や司法書士、弁護士へと代行を依頼して手続きを進める事が出来ます。しかし、相続の専門家であっても調査が難しいケースもございますので、全く見当がつかない場合には無料相談へとお越し下さい。
 

相続人の一人が財産についての内容を隠し開示してくれない

  • 法定相続人の方は、誰でも財産についての調査を行う権利があります。相続人同士での争いを防ぎたい場合は、専門家へと早めに相談をしましょう。

 

相続手続きとは 関連項目

初回のご相談は、こちらからご予約ください

tel:0120110991

平日:9時00分~18時00分 土曜日:9時00分~17時00分

  • お問合せ

徳島相続遺言相談センターでは、随時初回無料相談を受け付けております。また、出張面談も受け付けておりますので、まずはお電話にてお問い合わせください。

「生前対策まるわかりBOOK」に徳島の専門家として紹介されました

生前対策まるわかりブック

当センターを運営しております司法書士法人小笠原合同事務所が「生前対策まるわかりBOOK」に徳島の専門家として紹介されました。

相談事例Q&A

ご相談事例を
Q&A形式でご紹介
いたします