相続関係説明図の作成

相続関係説明図とは、被相続人と相続人との関係を図に表した資料です。この相続関係説明図がある事により、この後に行う遺産分割協議の話し合いを円滑に進める事が出来ますので、戸籍が揃ったら相続関係説明図を作成しましょう。

 

相続関係説明図の書式

相続関係説明図の形式等は決まっていません。縦書き、横書き、手書きであってもパソコンで作成をしたものでも問題はありませんので、相続人がわかりやすい内容で作成しましょう。

 

相続関係説明図作成の必要書類

  • 被相続人の出生から死亡までの一連の戸籍・除籍謄本・改正原戸籍
  • 被相続人の最後の住所地証明書類(住民票の除票、戸籍の附票)
  • 法定相続人全員の現在の戸籍謄本
  • 法定相続人全員の住民票

こちらの資料が揃っていれば必要な情報が確認できますので、相続関係説明図の作成をすることが出来ます。ただし、古い戸籍は手書きである事が多く、内容も難しい為に一般の方が解読をするのは非常に難しいでしょう。古い時代の戸籍の解読が難しい場合などは、徳島相続遺言相談センターへとご相談下さい。戸籍に関してのどのようなご相談でもご対応致しますので、お気軽にお問合せ下さい。

相続手続きとは 関連項目

初回のご相談は、こちらからご予約ください

tel:0120110991

平日:9時00分~18時00分 土曜日:9時00分~17時00分

  • お問合せ

徳島相続遺言相談センターでは、随時初回無料相談を受け付けております。また、出張面談も受け付けておりますので、まずはお電話にてお問い合わせください。

相談事例Q&A

ご相談事例を
Q&A形式でご紹介
いたします