期限が経過した後の相続放棄

3ヶ月を過ぎてしまった相続放棄は?

相続放棄は、自己のために相続の開始があったことを知った時から3ヵ月の熟慮期間内に手続きをしなければなりません。相続放棄申立ての際には戸籍の提出も必要となりますので、必要書類もしっかり整えた上で期限内に家庭裁判所へ申立てる必要があります。

この期限が経過してしまった場合、自動的に相続を単純承認したものとみなされることになります。つまり、相続人の地位を引き継ぐと意思表示したことと同等の扱いになりますので、プラスの財産もマイナスの財産も相続することになります。

では、結果的に期限後にマイナスの財産があることが発覚した場合でも、相続放棄はできないとあきらめなければならないのでしょうか。

 

例外的に相続放棄ができる可能性も!

期限を過ぎた場合でも、次の条件に当てはまれば認められたケースがあります。

  • 相続財産が全くないと信じ、かつそのように信じたことに相当な理由があるとき
  • 相続財産の全部又は一部の存在を認識したときから3か月以内に申述をすること

例えば、マイナスの財産はないと思っていたが、被相続人が家族に隠れて借金をしており、その督促が相続放棄の期限経過後に来たことで発覚した場合や、他の相続人がマイナス財産について悪意をもって隠ぺいしていた場合などが挙げられます。

 

もちろん、期限後の相続放棄が認められるかは個々の事情をしっかり調査し裁判所が判断して決定することですので、決して確実な方法ではありません。期限が過ぎても大丈夫だと安心しきってしまうことは避けましょう。

 

相続放棄や限定承認の手続きは期限が設けられていますので、お悩みの方はお早目にご相談ください。徳島相続遺言相談センターの専門家がしっかりと迅速に対応させていただきます。

 

相続放棄を検討しよう 関連項目

初回のご相談は、こちらからご予約ください

tel:0120110991

平日:9時00分~18時00分 土曜日:9時00分~17時00分

  • お問合せ

徳島相続遺言相談センターでは、随時初回無料相談を受け付けております。また、出張面談も受け付けておりますので、まずはお電話にてお問い合わせください。

無料相談実施中!

アクセス

  • 徳島本店

    地図
    〒770-0905
    徳島県徳島市東大工町一丁目19
  • 鴨島事務所

    地図
    〒776-0005
    徳島県吉野川市鴨島町
    喜来字宮北485-1
    税理士法人アクシス
    川人税理士事務所内
  • 海南事務所

    地図
    〒775-0203
    徳島県海部郡海陽町
    大里字尾ノ鼻36-2 1F

相談事例Q&A

ご相談事例を
Q&A形式でご紹介
いたします