話し合いで遺産分割が進まない

残念なことに相続をきっかけに、仲の良かった親族間の関係にも影響を及ぼしてしまうというケースがあります。遺産分割では多額の遺産が関係したり、様々な人が関わる場合もありますので必ずしも円満に解決するとは限りません。うまく進めるためには、ひとつずつ丁寧に進めていく必要があります。

我々のもとにも遺産分割が原因となり、良好だった親族関係がこじれてしまったご相談を多くいただきます。ここでは遺産分割が原因でトラブルとなってしまったケースをご紹介させて頂きますので参考にしてください。

 

相続財産(預貯金など)を教えてくれず遺産分割が進まない

遺産分割の際のトラブルとしての典型的なケースとなるのが、被相続人の預貯金などの相続財産について、情報を開示してくれない相続人がいるというものです。

このようなケースでは情報を開示してくれない相続人が被相続人の通帳を管理しており、相続財産を私的に使い込んでいるという場合が多いです。他の相続人からの説得により開示に応じてくれれば、そのまま遺産分割を進めることができますが、他の相続人からしてみれば一度不信感を抱いてしまった相続人を信用してそのまま遺産分割を進めるのは難しい場合も多く、最悪の場合には紛争に発展してしまいます。

親族間とはいえども相続のような重要な手続きでは信頼関係がなくなってしまえばその後の関係性にも影響が出てしまうでしょう。

 

情報が不明確で遺産分割が進まない

これはいざ遺産分割を進めようとしたが、遺産に関する情報が不明確で遺産分割が進められないというパターンですが、こちらもよくあるケースとなります。相続財産に関しての情報が揃っていないにもかかわらず憶測での議論により遺産分割協議を始めてしまい、時間を費やしたのに遺産分割が決まらないということになります。

相続財産として何がどこにどれくらいあるのかが明確になっていなければ、遺産分割の方針や内容の決定をする事は難しいでしょう。

 

上記のような2つのケースについては、まずは財産調査をおこなうことをお勧めします。相続の専門家は財産調査を行う事が可能です。金融機関への残高証明の発行依頼や財産目録の作成をおこない相続財産の一覧を提示することで遺産分割の話し合いを進めることができます。

徳島相続遺言相談センターでは財産調査のご依頼にもご対応しております。財産調査をおこない遺産分割をスムーズに進めたいかたは是非ご相談ください。

 

相続トラブル 関連項目

初回のご相談は、こちらからご予約ください

tel:0120110991

平日:9時00分~18時00分 土曜日:9時00分~17時00分

  • お問合せ

徳島相続遺言相談センターでは、随時初回無料相談を受け付けております。また、出張面談も受け付けておりますので、まずはお電話にてお問い合わせください。

相談事例Q&A

ご相談事例を
Q&A形式でご紹介
いたします